>>> 初めてブログを読むあなたへ <<<

生後5ヶ月の赤ちゃんが初めて入院しました。入院から退院までの流れ。

【先天性感音難聴】生まれてきてくれた赤ちゃんが聴覚障がいだと知り感じたこと

先日、生後5ヶ月の息子くんの体調が悪くなってしまい初めて4日間入院しました。

息子くんの症状としては「気管支炎」とのことでした。

息子くんの入院は、わたし達夫婦にとってもはじめての入院でしたのでとても心配でとても大変でした。

今回、入院した体験について記事にまとめてみます。

 

この入院について詳しくまとめた【入院体験まとめ】生後5ヶ月の赤ちゃんが気管支炎で入院【付き添い】という記事もお読みください。

関連記事>>>【入院体験まとめ】生後5ヶ月の赤ちゃんが気管支炎で入院【付き添い】

入院から退院までの流れ

入院から退院までの流れ

息子くんの入院から退院までの流れをまとめました。

 

耳のCTスキャンを撮りに大学病院へ行くがCTスキャンは取れなかった

地域の小児科を受診

地域の小児科の先生から市立病院へすぐ行くように言われ市立病院を受診

市立病院でレントゲン検査と血液検査を実施しその日から入院

入院1日目

入院2日目

入院3日目

入院4日目・退院

 

地域の病院から市立病院へ行き、すぐに入院することが決まりそんなに悪い状態なのかなと夫婦ふたりで驚き心配になりました。

耳のCTスキャンを撮りに大学病院へ行くがCTスキャンは取れなかった

耳のCTスキャンを撮りに大学病院へ行くがCTスキャンは取れなかった

息子くんは、難聴のため大学病院に通院しています。

この日は耳のCTスキャンを撮るために行きました。

CTスキャンは、息子くんが寝た状態で撮る必要がありました。

でも、なかなか眠らずに睡眠導入薬を使用するかどうか判断するために耳鼻科の先生に診察をしてもらいました。

 

診察の結果、鼻水が出ていたり風邪のような症状があるので今回のCTスキャンは延期して小児科を受診するように言われました。

 

わたくしパパとしては、鼻水があっても妻の母乳をしっかりと飲んでくれていてぐったりする様子もなかったので数日様子を見て小児科を受診してもいいのかなと考えていました。

 

しかし、妻が息子くんが心配だということで地域の小児科を予約してくれて大学病院から直行して受診することにしました。

地域の小児科を受診

地域の小児科を受診

こちらの小児科では、熱を計ったり鼻に綿棒を入れて検査したり体内の酸素濃度を計るなどの診察をしてもらいました。

ここで指摘されたのが、息子くんの体内の酸素濃度が「94」を下回っているということでした。

この酸素濃度は、98~100という数値が正常値だということでした。

 

息子くんの酸素濃度が低くなっているということで、酸素マスクをして酸素が正常値になるように処置をしてもらいました。

酸素マスクをすることで、体内の酸素濃度が「98」以上になり安定してくれました。

地域の小児科の先生から市立病院へすぐ行くように言われ市立病院を受診

地域の小児科の先生から市立病院へすぐ行くように言われ市立病院を受診

小児科の先生より、紹介状を書くのですぐに市立病院を受診してくださいと言われました。

「どこにも寄り道せずに病院へ直行してください。」と言われそんなに息子くんの体調が悪いのかと心配になりましたが、指示通りに紹介された市立病院へすぐに向かいました。

市立病院でレントゲン検査と血液検査を実施しその日から入院

市立病院でレントゲン検査と血液検査を実施しその日から入院

市立病院に到着し、酸素濃度の測定や血液検査や肺のレントゲン検査を行ってもらいました。

血液検査やレントゲン検査の結果、息子くんの症状は「気管支炎」という診断でした。

酸素濃度は、「94」を下回ったり数値が安定しない状況でしたので鼻に酸素チューブをつけたり水分補給のための点滴を開始しました。

息子くんの酸素濃度が低く、本人が息苦しい状態であるということでこの日からすぐに入院することが決まりました。

入院から退院までの記録

入院から退院までの記録

入院1日目

酸素吸入・点滴・鼻水の吸引・1日3回の薬の内服を始まりました。

体温も38℃と高く熱がある状態でした。

 

うんちの色が普段よりもみどりっぽくなり、回数も多くなりました。

入院2日目

夜のみ酸素吸入・鼻水の吸引・1日3回の薬の内服を行いました。

体温が平熱に戻りました。

うんちは、まだ普段よりもみどりっぽい状態でした。

入院3日目

鼻水に吸引・1日3回の薬の内服を実施しました。

うんちが普段の黄色に近い色になってきました!

 

表情やしぐさが普段のように明るくなり、あやすと笑うようになりました!

入院4日目・退院

鼻水の吸引・1日3回の薬の内服を実施しました。

入院4日目の午前中に退院することが決まり、入院4日目で無事に退院することができました。

 

退院したあとも1日3回の薬の内服は続け、鼻水も市販の吸引器を使って続けます。

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回、息子くんが入院した体験をまとめてご紹介しました。

息子くんにとって人生はじめてで、わたし達夫婦にとっても子どもと一緒にはじめての入院。

とっても大変でした。

 

自宅に帰れることがとても嬉しかったです!

今回で入院の大変さが身にしみたので息子くんの体調管理には、これからも気をつけていきます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!

 

この入院について詳しくまとめた【入院体験まとめ】生後5ヶ月の赤ちゃんが気管支炎で入院【付き添い】という記事もお読みください。

関連記事>>>【入院体験まとめ】生後5ヶ月の赤ちゃんが気管支炎で入院【付き添い】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です