>>> 初めてブログを読むあなたへ <<<

沐浴は1日何回が正解?わが家は1日2回の沐浴で乳児湿疹が改善した!

沐浴は1日何回が正解?わが家は1日2回の沐浴で乳児湿疹が改善した!

わが家の息子くんは、生後2週間で乳児湿疹が出てきてしまいました!

乳児湿疹で悩んだまま1ヶ月検診に行き、小児科の先生に指摘されたのは沐浴の方法を改善して肌ケアをもっと手厚くすることでした!

赤ちゃんの乳児湿疹で困っている方、沐浴の方法を試しに変えてみてはいかがでしょうか?

今回は、わが家の息子くんが1ヶ月で乳児湿疹を改善させた方法をご紹介します。

わが家の息子くんが乳児湿疹が出て改善するまでの流れはこちら!

  • 生後2週間
    乳児湿疹発生!
    顔や身体に乳児湿疹が発生してしまいました!
  • 生後1ヶ月
    検診で沐浴の方法と肌ケアについて指摘される!
    1ヶ月検診で沐浴の方法と肌ケアについて指摘されました。
  • 生後1ヶ月〜2ヶ月
    1日2回の沐浴と肌ケアを実施!
    検診で指摘されたように1日2回の沐浴と肌ケアをはじめました!
  • 生後2ヶ月
    乳児湿疹が改善!
    乳児湿疹がみるみる改善していきました!
  • 生後2ヶ月
    検診で1日1回の沐浴でOK!
    検診で1日1回の沐浴でOKと言ってもらえました!
  • 生後2ヶ月〜現在
    乳児湿疹が改善した!
    1日1回の沐浴でもキレイな肌が続いています!

このような流れで、息子くんのお肌はキレイになっていきました!

 

今回ご紹介する乳児湿疹を改善する沐浴のポイント3つです!

  1. 沐浴の回数と時間
  2. 沐浴・肌ケアのポイント
  3. 沐浴を1日2回から1回に変えたタイミング

この3つのポイントについて、ひとつずつご紹介します!

注意

この記事は、わが家の事例です。

乳児湿疹の症状がひどい場合は、医療機関を受診しましょう。

 

沐浴の回数と時間

沐浴の回数と時間

1ヶ月検診で乳児湿疹を改善するために沐浴をこれまでの1日1回から1日2回に増やすように指摘されました!

それぞれの沐浴の時間は、朝と夕方に行いました。

妻が「沐浴は何時にするほうがいいですか?」と質問して小児科の先生にお答え頂きました。

沐浴は、何時にするようが良いというわけではなく沐浴させるパパ・ママが継続して入れられる時間がいいとのことです。

決まった時間に沐浴をすることで、赤ちゃんにも生活リズムができていいそうです!

沐浴自体の時間は、約5分を目安に行いました。

 

乳児湿疹がひどい場合は、朝と夜の2回に沐浴を行うと改善につながるかもしれません。

沐浴・肌ケアのポイント

沐浴・肌ケアのポイント

沐浴には正しいやり方と肌ケアのポイントがあるようです!

沐浴はのポイントと肌ケアのポイントについてご紹介します!

沐浴のポイント

沐浴は、回数を増やすだけなく沐浴の方法をアドバイスをもらいました!

ポイントは3つです。

  1. 泡タイプのベビーソープを使う
  2. ガーゼなどでこすらず手で優しく洗う
  3. 流水でしっかり泡を流す

泡タイプのベビーソープを使う

もともと、自宅で沐浴を始めた頃から泡タイプのベビーソープを使っていたのですがやっぱり泡タイプの方が良いようです!

石鹸タイプでも、しっかりと泡立てて使用すると問題ないと思いますが乳児湿疹で困っている場合は泡タイプのベビーソープがおすすめです!

 

ガーゼなどでこすらず手で優しく洗う

生後1ヶ月になるまでは、ガーゼを使って身体を洗っていました。

これもやめて、ベビーソープの泡を手でなでるように全身を優しく洗いました!

なるべく肌に刺激を与えないのがポイントだそうです!

 

流水でしっかり泡を流す

これまでは、ガーゼで泡を拭き取っていました。しかし、これもやめるように指摘されました。おすすめされたのは、流水で泡をしっかり流す方法です。

これまで、キッチンのシンクにベビーバスを置いてベビーバスにためたお湯で泡をぬぐっていました。

しかし、これをやめて浴室にベビーバスを置いてシャワーで洗い流す方法に変えました!

この方法で、完全に泡を洗い流すことができるようになりましたよ。

肌ケアのポイント

沐浴を1日2回に増やすのと一緒に、肌ケアも1日2回行いました!

わが家の肌ケアとは、1ヶ月検診の時に処方された殺菌作用が含まれた保湿剤を沐浴終わりに塗ることです!

1ヶ月検診まで、お風呂上がりになにも肌に塗らなかったのですが小児科の先生に指摘されました。

泡でしっかりと汚れを落として、キレイな肌に保湿剤を塗ることがとても大切な肌ケアのようです。

 

保湿剤などを肌に塗る場合は、沐浴のたびにベビーソープで汚れを落として新しい保湿剤を塗ることが大切なポイントです!

沐浴を1日2回から1日1回に変えたタイミング

沐浴を1日2回から1回に変えたタイミング

1ヶ月検診の日から沐浴を1日2回に変えて、2ヶ月検診の日から1日1回の沐浴に戻しました!

わが家の場合、約1ヶ月で沐浴の回数を元の1回に戻しました。

1日2回の沐浴は、時間的にも体力的にも大変でした。

でも、しっかりとケアすると約1ヶ月で乳児湿疹が改善したのでこれから1日2回の沐浴に変える方も楽になる時期は必ず来ると思って無理せずに取り組んでみてください!

わが家では、どうしても1日2回沐浴に入れられない日もあったのでパパ・ママの体調もみながら取り組んでくさい。

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、乳児湿疹を改善する沐浴のポイント3つをご紹介しました!

ポイントはこの3つ。

  1. 沐浴の回数と時間
  2. 沐浴・肌ケアのポイント
  3. 沐浴を1日2回から1回に変えたタイミング

わが子の顔や身体に乳児湿疹があって不安だと思いますが、こまめな沐浴と肌ケアでわが家は改善できたので参考になると嬉しいです!

ぜひ、小児科の先生からのアドバイスをもらってその子の状況にあった肌ケアに取り組んで頂けたらと思います。

 

沐浴については沐浴のやり方を変えたらひどい乳児湿疹が良くなった!コツは流水で!という記事で「乳児湿疹が悪化した沐浴の方法」「乳児湿疹が改善した沐浴の方法」について書いているので読んでもらえると嬉しいです!

関連記事>>>沐浴のやり方を変えたらひどい乳児湿疹が良くなった!コツは流水で!

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です