>>> 初めてブログを読むあなたへ <<<

難聴・聴覚障害の赤ちゃんと沖縄ろう学校「乳幼児教育相談」に参加した感想!

まとめ

先日、息子くんと一緒に家族みんなで沖縄ろう学校の「乳幼児教育相談」に初めて参加しました。

沖縄ろう学校の乳幼児教育相談については「沖縄ろう学校【乳幼児教育相談】難聴・聴覚障害を持つ子どもを育てる親はぜひ活用を!」という記事に書いております。

関連記事>>>沖縄ろう学校【乳幼児教育相談】難聴・聴覚障害を持つ子どもを育てる親はぜひ活用を!

 

この記事では、難聴の息子くんと一緒に参加した乳幼児教育相談でしたことや参加しての感想をご紹介します!

少しでも参考になると嬉しいです!

乳幼児教育相談ではじめてのグループ指導

乳幼児教育相談ではじめてのグループ指導

わが家がはじめて体験した乳幼児教育相談でのグループ指導では、4人の0歳児の難聴の赤ちゃんが参加しました。

4人の赤ちゃんとその家族と先生が一緒になって、ボールプールやママが抱っこして円になって歩いたり、布を赤ちゃん達の上でひらひらさせたり、大きな太鼓や小さな太鼓を叩いて音あそびをしたりたくさん赤ちゃんと遊びました!

乳幼児教育相談では、遊びを中心にとのことなのでふんだんに遊んでいました。

乳幼児教育相談を体験した赤ちゃんの様子

乳幼児教育相談を体験した赤ちゃんの様子

乳幼児教育相談で、はじめて赤ちゃんが周りにたくさんいる状況を体験した息子くん。

とても楽しそうでした。

 

慣れない環境に少し緊張していたようで、あまり声を出さない息子くんでした。

でも、近くの赤ちゃんの顔をみたり頭を触ったり赤ちゃんの口に手を入れたり。

音遊びや布遊びに楽しそうに反応していました!

 

休憩の時間や授乳の時間を取って、約2時間赤ちゃんみんなで遊んでいました。

授乳して、息子くんは寝ていましたし赤ちゃんのペースで乳幼児教育相談のグループ指導は行われていました。

乳幼児教育相談を体験した感想

乳幼児教育相談を体験した感想

乳幼児教育相談に参加して、息子くんと近い月齢で同じ難聴の赤ちゃんとの交流が生まれてよかったなと感じました。

妻も赤ちゃんのママさん達と育児のことだったり、難聴に関することを話していました。

乳幼児教育相談は難聴の赤ちゃんと多く接している先生もいるし、同じように育児をしているママさん・パパさんと話せる場になっているのがいいなと感じました。

息子くんの育児についての悩みを聞いてもらえる場所が、病院以外にできたことは息子くんにとっても大きなプラスだなと考えました。

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、はじめて沖縄ろう学校の乳幼児教育相談に参加した内容をまとめました。

わたし達が参加した沖縄ろう学校の乳幼児教育相談については「沖縄ろう学校【乳幼児教育相談】難聴・聴覚障害を持つ子どもを育てる親はぜひ活用を!」という記事に書いております。

関連記事>>>沖縄ろう学校【乳幼児教育相談】難聴・聴覚障害を持つ子どもを育てる親はぜひ活用を!

 

息子くんが楽しく学べるように、息子くんが遊びながら聴覚を刺激して聞こえを育てる環境や親であるわたし達夫婦の学びの場所をどんどん見つけて参加していきます。

聴覚障がい・難聴の赤ちゃんを育てている方は、お住まいの地域に乳幼児教育相談のようなサービスが受けられる場所があるか探してみるのもいい選択肢だと思います。

難聴の子どもにとって、いい環境を見つけるキッカケにもなると思いますのでぜひ!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です