>>> 初めてブログを読むあなたへ <<<

沖縄ろう学校【乳幼児教育相談】難聴・聴覚障害を持つ子どもを育てる親はぜひ活用を!

沖縄ろう学校【乳幼児教育相談】難聴・聴覚障害を持つ子どもを育てる親はぜひ活用を!

先日、沖縄ろう学校の「乳幼児教育相談」に参加しました。

聴覚障がい・難聴の子どもを育てているママさん・パパさんは、地域のろう学校に同じようなサービスがあるか確認してみてはいかがでしょうか?

今回は、わたし達が住んでいる沖縄県立の沖縄ろう学校で行われている「乳幼児教育相談」についてご紹介します。

少しでも参考になれば幸いです。

沖縄ろう学校「乳幼児教育相談」とは?

沖縄ろう学校「乳幼児教育相談」とは?

沖縄ろう学校の乳幼児教育相談とは、聴覚障がいを持つ乳幼児とその家族の支援を目的とする教育相談室です。

対象年齢は、聴覚障がいを持つ0歳児~2歳児が対象です。

教育相談室の教育目標として

(1)愛情と信頼感に基づいた安定した親子関係を育てる。

(2)心身の健康や人間関係、基本的な生活習慣の育成等、子どもの総合的な発達を図る。

(3)子ども自身の主体的な聴覚活用を促す。

(4)聴覚障害幼児の育て方について、両親の理解を深める。

引用:乳幼児教育相談資料より

このような、教育目標のもと相談・指導を行っているようです。

 

沖縄ろう学校では、3歳児から入れる「幼稚部」があります。

3歳までの0歳~2歳の間は、この乳幼児教育相談に通い沖縄ろう学校の幼稚部に通う子が多いとのことです。

沖縄ろう学校「乳幼児教育相談」を受けるには?

沖縄ろう学校「乳幼児教育相談」を受けるには?

わたし達の場合、息子くんが通院している病院の先生から乳幼児教育相談の紹介をしてもらい実際に参加しています。

沖縄ろう学校に直接電話で連絡し、病院の先生から紹介があったことと現時点での息子くんの難聴の状況を伝えると乳幼児教育相談を担当している先生と直接やり取りすることができました。

沖縄ろう学校の乳幼児教育相談に興味のある方は、一度連絡してみてはいかがでしょうか?

連絡先>>>沖縄ろう学校

 

地域に乳幼児教育相談を受けられる場所があるか、通院している病院の先生に確認したり地域のろう学校に確認してみてはいかがでしょうか?

沖縄ろう学校「乳幼児教育相談」で行うこと

沖縄ろう学校「乳幼児教育相談」で行うこと

沖縄ろう学校の乳幼児教育相談は、「グループ指導」「個別指導」「個別相談」の3つの形態で行っています。

グループ指導

2歳児は週2回(月10:00~12:00・金10:00~11:50)

※月に1~2回、金曜日に個別を行うこともある。

1歳時は週1回(火) 10:00~11:30

0歳児は週1回(火) 10:00~11:30

 

個別指導

2歳児は(水)1歳児は(木)で、

10:00~

11:00~

(乳児人数のバランスで調整)

※月に1~2回 金曜日に個別を行うこともある。

0歳児は実態に応じて設定する。

 

個別相談

新規の相談(月・火・木)

13:30~14:30

14:30~15:30

3~5歳児(月・火・木)

13:30~14:30

14:30~15:30

 

沖縄ろう学校の乳幼児教育相談に興味のある方は、一度連絡してみてはいかがでしょうか?

連絡先>>>沖縄ろう学校

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

沖縄ろう学校の「乳幼児教育相談」についてご紹介しました。

 

聴覚障がい・難聴の子どもを育てているママさん・パパさんは、地域のろう学校に同じようなサービスがあるか確認してみてはいかがでしょうか?

 

今回は、わたし達が住んでいる沖縄県立の沖縄ろう学校で行われている「乳幼児教育相談」についてご紹介しました。

少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です